数あるプログラミング言語の中でもRubyはプログラミングをより簡単にできるようにと開発されたそうです。

初心者や興味がある人に対してオープンになっている印象です。

楽しくプログラミングをするために作られた言語だけあって根強いファンも多いようです。

RubyMotionというツールセットではその名の通りこの言語を使ってのアプリ開発が可能です。

アプリ開発系イベントのハッカソンに取り入れた人もいて、実際使ったことのある人によれば利点もあればまたその逆も同様にあり好みや慣れで使いやすさはかなり違ってきそうです。

2015年に日本で開かれたハッカソンは数十にものぼります。

それでは2016年はどうでしょうか。

調べてみると少なくとも月数回の開催があるようです。

ビッグビジネスにつながる可能性の高い良い機会でもあるので開催する方にもさまざまなメリットがあるのは間違いありません。

知らない人はいないほどの大手企業も主催者やスポンサーとして名を連ねています。

ただやはり大きなイベントには予選があったりすぐに定員が埋まってしまうような人気のものもあったりするので参加受付期間はしっかり把握しておきましょう。

WEBというのは文章などをインターネットにアップし世界中に公開したりまたそれを見たりできるものですがこれを使って開催されたハッカソンもあります。

気づかないうちに利用しているほどそこら中に溢れている技術ですが例えば一見相性の悪そうなものとマッチングさせてみるなどそんな新しいアイディアが新しい未来を切り開いていくのでしょう。

中には機能を絞ったりアプローチの仕方を洗練させたりしていくことで使えるサービスを短期間で仕上げたという人も。

作業効率を上げるだけでなくその内容から簡素化することでより明確な目的が見えてくるものなのかもしれません。

英語のhackとmarathonを混ぜ合わせた言葉として広がるハッカソンですが端的に言ってしまえばアプリやソフトウェア開発系のイベントで主に短期間で開催されるイベントのことです。

なんとなく初心者が参加するには敷居が高いように感じてしまいます。

参加する際に必要な知識や資格などは募集要項にありますが、プログラミングの専門的知識が必須なものももちろんありますしそれぞれのテーマによって全く関係なさそうな人の募集があるものも。

興味はあるけどしりごみをしていたような場合はとにかくイベントを経験してみるために自分に合った参加資格のものに行ってみると良いかもしれません。

日本有数の都市大阪で開かれたとあるハッカソンがターニングポイントとなり新しい流れを生んだのだそうです。

それがIoT、InternetofThingsという考え方です。

テレビや新聞などでしばしば目にするようになった言葉ですがこれはパソコン関連以外の「モノ」とインターネットとをつなげて新しい何かをしようという考え方です。

そしてこの考え方により現在では例を挙げると家におらずとも電化製品の電源を入れたり外出先で家にいるペットの様子を見たりといった我々が小さいころ夢見ていたような技術が現実のものとなってきています。

クラウドソーシングの台頭で新しい働き方が生まれました。

このサービスを利用することにより発注する側はより安価に受ける側は自身の能力やスケジュールに合わせて仕事を選べるようになりました。

このようなオフィスを必要としないスタイルをリモートワークといい最近ではフリーなスタイルのビジネスモデルとして確立しています。

世界中にインターネットが普及したことにより働く場所は選ばなくなりました。

それによりプログラミング系のイベントにもリモート参加者がいるほどです。

イベントによっては海外からの参加者も集まるとか。

環境が違う人たちの斬新なアイディアに触れられるのは中々ないチャンスと言えましょう。

スマホアプリの開発をなんと温泉地にこもって行う大規模なハッカソンが毎年開催されています。

主催者が本戦にかかるさまざまな費用をもってくれることもあってかとても人気が高いイベントなのでしょう。

2か月ほどかけて日本各地で地方予選が行われ、夏に本戦となります。

最優秀賞を獲ることができればシリコンバレースペシャルツアーの切符を得ることができるそうな。

一般的に限られた時間内で成果をあげなくてはならないためシビアになりがちですが癒しどころ満載の温泉地なら旅行気分まで楽しめそうです。

フレームワークというのは枠組みのことを指しますがソフトウェアの分野においては開発の基盤となる部分のことを言います。

タイトなスケジュールで行われるソフトウェア開発系イベントではこれらをうまく活用して仕事をスピーディーに行う必要性が出てきます。

こうしたイベントでは開発に至る流れをスピーディーにこなさなくてはならないので、複雑に入り組んだ技術的なものよりこれからの広がりに期待できるような新しい発想をシンプルに形にすることが競われることが多いように思います。

よって必要な部分に時間をかけられるようあるものをうまく取り入れる対応力や応用力が求められるのでしょうね。

思いのままにコンピューターを動かしたいなら特別な言語をもって命令文を書き上げなくてはなりません。

これには種類がいろいろあり人によって好みもあるようですが日本人が開発し国際規格に認証されたものもあります。

オープンソースソフトウェアであるRubyがそうです。

創作過程の簡素化を叶えたことでプログラミングするということ自体を楽しめるように作られたのだとか。

便利な機能がたくさんある上にフリーソフトウェアでもあるのでハッカソン向きと言っても良い言語だと思うのですがあるイベント統計ではまだそれほど一般的ではないようでした。

今ではインターネット環境の整備により多種多様な働き方が可能となりました。

最近は小さな会社やフリーランスなどが集まりひとつの仕事場でそれぞれ個人の仕事をするコワーキングという働き方も見られます。

広がってきたのはアメリカからだそうですが現在日本でもそういった使い方ができる場所が増えつつあります。

これらコワーキングスペースを活用するプログラム開発に関するイベントも開催されることがあります。

人を集められる広さや仕事ができる環境があるところなのでそういったイベントの開催には最適なのでしょうね。

プログラム開発を行うイベントはSEが集まるものというイメージを持つ人も多いかもしれません。

しかしながら実は勝てるチームというのはいろいろな才能が集まったところなのだとか。

極論ではありますがつまりはプログラミングできなくとも成果は残せるということ。

なるほど確かに仕事の現場でもプロジェクトチームというのは異なった才能の集合体となっています。

シビアな条件下で作業をしなくてはならないイベントではスケジュール管理能力はもちろん他にもいろいろと仕事に役立つスキルを身に着けられそうです。

ハッカソンの開催日についてカレンダーになっているものがありますが月々何かしらイベントが開かれているのです。

月によっては数十件予定が組まれていたりしてそしてそのほとんどが週末です。

イベント自体が数日間に及ぶこともあり平日の参加が厳しい人の方が多いということなのかもしれません。

もちろん中には一日だけで参加できるものもあり自身の知識や興味、スケジュールに合わせて選ぶこともできます。

いろいろな分野でこういったイベントが開かれるようになれば高い技術や知識が広がるきっかけとなるかもしれません。

最近ではハッカソンに関する情報サイトも便利になってきました。

それだけ一般的に広く知られてきたとも考えられます。

構想を練るところから開発に至るまでの流れがスピーディーですからスピードが求められる現代にマッチしているのでしょう。

もちろんその分自身の実力がシビアに試されるので参加者は技術や実力を磨く貴重な機会でもあります。

また普段関わることができないような人たちとの意見交換ができたり主催者に提供された食事をみんなで囲んだりと仕事に役立つ出会いもありながら大勢でビジネスを楽しめるようなイベントでもあるようです。

Ruby on Railsを略してRailsと表記したりしますがこれは日本発のプログラミング言語Rubyで書かれた無料公開されているWebアプリケーションフレームワークのことでこの言語でWeb開発をする際にしばしば使われています。

その理由は作業効率のアップです。

他と比較してもかなり便利なものだそう。

なのでハッカソンなどのスケジュールがシビアな開発に向いていそうですがとある統計ではそれほど多く使われてはいないようです。

その柔軟性の高さゆえに変更が加え続けられるシステムの開発に向いているそうです。

東京は日本で最も人口が多くいろいろなことを発信する地でもありますがやはリ日本においてはハッカソンの開催地としてよく選ばれるのでしょうか。

調べたところ小さなものも合わせるとかなりの数が開催されていますがかと言って地方では全くないというわけでもありません。

大規模なものでは地方も含め日本の各地で同時開催なんてこともあるのだとか。

ユニークな開催地の一つとして温泉地なんていうのもあり整備された環境であれば開催場所は選ばないもののようです。

主催者によって規模やテーマは異なりますが新しい世界を切り開きたい気持ちは変わらないのでしょう。

関連ページ